コンテンツへスキップ

北海道のパウダーの特徴とは

当ツアーの実施エリアは留寿都村のビッグベアOHVパークを中心とする広大なプライベートマウンテンです。

ハイシーズン中はフレッシュなパウダースノーが豊富で、その広大さゆえに、ゲストが1日中楽しんでもパウダーが食い尽くされることはありません。

その意味は、スキーヤー、スノーボーダーには容易に理解していただけると思います。スノーバイクの場合には、下り斜面だけではなく、上りも、平地も、雪がある場所すべてがゲレンデなのです。

広大なだけではなく地形も多彩です。インストラクターは、ゲストのスキル、ご要望にあわせて最適なエリアをご案内します。

サーフィンの聖地、種子島のように、天候の状況に応じてご案内するエリアを選択します。風が吹いている時、無風の時、新しい雪が降った時、しばらく降っていない時。その状況によって、危険が無く楽しめる場所にお連れします。

この写真を見てください。

スキーヤーなら、この雪が、胸までの深さのディープパウダーであることがわかるかもしれません。

ディープパウダーの下り斜面でのターン。その浮遊感は、他ではなかなか味わえません。

ルスツとニセコの雪はよく似ています。

軽いパウダーですが、北米などよりも少し湿気があって、適度に密度があり、浮力が強い。

そして気温が低すぎない。

このちょうど良さが、ニセコ、ルスツエリアが世界中のパウダー中毒者に愛される理由です。

低山に雪がたっぷり降るというのも、世界中の他のスノーエリアにはない北海道の特徴ですね。

それを「バイク」で楽しる最高の方法が、私たちのツアーだと確信しています。

カテゴリー

未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。